Author: box (page 1 of 7)

仮想通貨の取引

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

まずは仮想通貨が一般の通貨とどのように違うかのか。

簡単に言えば、一般の通貨とは特定の国が発行しているものであり、それは国の信頼度によって変動します。

仮想通貨は国家の公人、企業や団体が発行しているものです。

多くの人がクレジットカードなどのポイントを貯めていると思いますが、広い意味で言えば、それも一つの仮想通貨と考えることができます。

そのポイントを別のモノと交換できるからです。

つまり、名称が違うだけでそのシステムは昔からあります。

現代の経済は物々交換から貨幣による交換へと移行しました。

多くの人がその価値を認めれば、どんなものでも貨幣と見なすことができます。

インターネット上だけに存在する電子データであっても、売買をすることが可能です。

これが仮想通貨の実体です。

このような状況が生まれたのはインターネットに代表される電子通信が一般的になったことが関係していることは明らかでしょう。

貨幣の実体がなくても経済的な取引は可能です。

多くの人が行っているFXなどは典型的です。

実際には誰の貨幣がどこにあるのかもわかりませんが、売買は成立しており最終的には口座間でお金が移動することができます。

これからも仮想通貨による取引は活発になることはあっても無くなることはありません。

仮想通貨とは

仮想通貨とは、硬貨や紙幣などの手に取ることができる貨幣が一般の通貨であり、電子データとしてコンピューター上にだけ存在しているのが仮想通貨です。

もちろん、それには理由があります。

貨幣や硬貨を発行するためには国が運営する造幣局がなければなりません。

つまり、しっかりと安定した国だけが通貨を発行することができるのです。

それでは仮想通貨はある企業が思い付きで適当に作ったのでしょうか。

始まりは確かに思い付きだったかもしれません。

しかし、多くの人が利用するようになり、世界中から信頼を得ることができています。

すでに立派な通貨として流通しているケースも少なくありません。

仮想通貨が流通するためには、何かのきっかけがなければなりません。

大企業がバックアップすることが一番確実でしょう。

その企業を信頼している人は出所が同じ仮想通貨も信用することになります。

もう一つ重要なことは、その仮想通貨を利用するメリットがあることでしょう。

メリットがなければ誰も利用しません。

一番大きなメリットは国境に関係しないことでしょう。

為替交換の差額がありません。

ユーロがヨーロッパ圏内で共通化されているのと同じことです。

もちろん、どこの国も仮想通貨に責任を持ちません。

すべては取引を行っている当事者間の問題だからです。

仮想通貨を扱っている企業が倒産して紙くず同然になったとしても何の保証もないのです。

これに関しては株と同じです。

仮想通貨のリスク

為替取引に限らず、元金が保証されない取引はたくさんあります。

その中でもリスクが高いと考えられているのが、仮想通貨の売買です。

その理由は通貨の変動に対する保証をしてくれるのは発行している企業だけだからです。

一般の通貨についてはそれぞれの国の政府が保証することになっています。

もちろん、クーデターで政府自体がなくなってしまうような状況になれば別ですが、現在の世界情勢でそれはあり得ません。

つまり、通貨は半永久的に使用できると考えられます。

仮想通貨は企業が発行していますから、企業の倒産によって同じ状況となります。

ここで考えなければならないのは国と企業のどちらが信頼できるかと言うことです。

企業と言っても小さな企業ではなく、世界中に支店を持った大企業です。

小さな国の政府よりも資金を持っていることでしょう。

それならば十分信頼できると考える人が少なくありません。

そのために仮想通貨が世界中で利用されることになります。

ある程度世界で利用者が増えたならば、その後は発行している企業と無関係な相場になっていきます。

証券会社が売買を行うからです。

通常の通貨と何ら変わることのない地位を手に入れることになるのです。

現代はインターネットでの取引が主流となっており、そのスピードは昔と比べると桁違いです。

そのスピードはさらに加速されていますから、仮想通貨の出番はもっと増えていくことでしょう。

リスクを考えるよりも売買で利益を上げることだけを考えてもいいのです。

注目の仮想通貨

一番ポピュラーな仮想通貨はビットコインでしょうか。

ただ、すでに後継の仮想通貨が多数登場して、ビットコインのメリットはそのまま、デメリットを改善することで注目を集めようとしています。

もちろん、企業が発行する仮想通貨ですから、どれだけ他社に差をつけることができるかが企業としての価値につながります。

現在注目されている仮想通貨としてはビットコインの他にアルトコインがあります。

本質的な部分は変わりませんが、国際送金のスピードや手順が簡略化されています。

現在でも新しい仮想通貨は登場しており、それらの多くは投資目的のイメージが強くなっています。

国際貿易のための通貨と言う意味であれば、ドルやユーロで十分だからです。

また、最近は仮想通貨間の交換も普通に行われるようになってきました。

仮想通貨の相場を見て、タイミングよく交換できれば、それだけで利益を得ることができるのです。

いずれにしても仮想通貨を売買している人の多くは、商業取引のための売買ではなく為替の取引だけを考えています。

そのことが仮想通貨の流通に拍車をかけていることは間違いありません。

ところで、投資の初心者が仮想通貨に手を出すことはおすすめできません。

注目の仮想通貨は便利なのかもしれませんが、それは投資家から見て便利なだけと言うケースが少なくありません。

自分の目的を明確にすることで、どの通貨を購入すべきかが見えてきます。

それさえ見えないのであれば、為替取引の基本から勉強しましょう。

仮想通貨の仕組み

“仮想通貨の仕組みを考える時には通貨と言うものの意味を考えることが重要です。

通貨とは何か物を購入する時に使用しますが、その価値は多くの人が共通認識として持っています。

日本円で1万円の価値は東京でも九州でも同じ価値を持っているのです。

ただ、1ドルを日本円にする時にはいくらになるかを考えることが、為替相場の成立につながります。

つまり、日本国内だけでビジネスをしているならば、為替を意識することはありませんが、国際取引になった途端に強く意識しなければビジネス自体が成立しなくなってしまいます。

それでは仮想通貨の場合はどうでしょうか。

仮想通貨は国が保証していない代わりに、国境と言う概念がありません。

つまり、世界中で同じ価値を持っていると考えていいでしょう。

例えば日本とアメリカでビジネスをする場合、売る方も買う方も為替相場を意識しています。

その差額が直接利益に影響するからです。

しかし、仮想通貨だけでビジネスをすることができれば、そのような心配がなくなります。

それを期待して仮想通貨の売買をしている人が増えているのでしょう。

ヨーロッパで使用されているユーロはまさにその考えに沿った通貨です。

結論として、一般の通貨と仮想通貨の仕組みは何も変わりません。

発行元が違うことと、硬貨や紙幣などの物理的な形を持たないことだけです。

クレジットカード決済をしているなら、物理的な形は意味を持ちません。

インターネットの広がりを利用して仮想通貨も広がっています。

仮想通貨の購入

仮想通貨の購入は専門の取引所を通じて行います。

もちろん、取引所にユーザー登録と口座開設を行っておく必要があり、後は自分が希望するタイミングで売買を始めるだけです。

仮想通貨を利用して投資を考えている人が少なくありませんが、どの程度の利益を得られるかはリスクを考慮できるかの判断力にかかっていると言われています。

つまり、仮想通貨だから特別なリスクがあるわけではなく、一般的な為替取引、FXと同じリスクです。

基本的には安く購入して高く売ることで利益を得ます。

日々変動する相場の将来の変化を予想することが投資につながるのです。

仮想通貨にはいくつかの種類があり、それぞれを取り扱っている取引所も複数です。

自分が利用しやすい取引所を選んでください。

ただ、仮想通貨の情報はいろいろなサイトに掲載されており、少し怪しいサイトも存在しています。

複数のサイトを利用することで、無用なリスクを回避するとともに、適切なタイミングで売買ができる環境を確立するのです。

インターネットの広がりが仮想通貨の流通を促進していますが、その一方で情報の交錯に振り回されてしまうケースも少なくありません。

取引所での購入だけではなく、いくつかの銀行や証券取引所でも可能です。

お金のやり取りですから、細心の注意を払うことが安定した取引につながります。

売買で利益を得るためには確実な情報を入手することが基本であり、そのための情報源を確保することが大切です。

仮想通貨の将来性

為替と同じような取引ができる仮想通貨が注目を集めていますが、その将来性に不安を持っている人も少なくありません。

ただ、現実問題として仮想通貨を発行している企業が倒産した場合でも、急にその通貨が無価値になるとは考えにくいでしょう。

それは一定の市場があり、その通貨を所有している人が世界中にいるため、通貨としては存在し続ける可能性があるでしょう。

もちろん、実際にその状況が発生しなければわからないことばかりです。

仮想通貨の将来性を考える場合には発行している企業の将来性を見ることになります。

また、その通貨を取り扱っている証券会社などの信頼性も重要です。

一般的な取引所は一つの企業であり、その会社の利益で取引所が確保されています。

利益を得られない状況になれば倒産して、取引ができなくなるでしょう。

為替の場合はその役割を政府が担っており、国がなくならない限り通貨として保証されています。

仮想通貨の将来性に不安があるならば、投資の対象を短期に限定することをおすすめします。

1日のうちに何度も売買を繰り返して利益を得るやり方もあります。

ただ、最近の仮想通貨の価格は安定しており、長期的な保有を前提とした投資も注目されるようになっています。

どのようなパターンでも正解はありません。

投資家が自分で判断しなければならないのです。

また、将来のことはある程度予想できるとしても、100%の確実性はありません。

それが投資の本質だからです。

仮想通貨と一般通貨

仮想通貨と一般通貨の違いを考えてみましょう。

誤解してはいけないことは一般通貨でも未来永劫に渡って安定した価値が保証されているわけではないことです。

また、通貨はそれ自体に価値があるわけではなく、多くの人が価値を認めていることが重要となります。

信用経済です。

売り手と買い手がお互いに信頼できる通貨を利用することで市場が成立します。

そこで仮想通貨を使用することと一般通貨を使用することに差があるでしょうか。

実はありません。

つまり、現代における仮想通貨は一般通貨と同じような役割を果たしています。

重要なことは将来における価値ではなく、現在の価値と日々の変動状況です。

多くの投資家は仮想通貨に長期的な価値を期待しているのではなく、日々の変動で売買差益を得ることだけを考えています。

自分が所有していない状態で暴落があったとしても、関係ないと感じることでしょう。

為替売買を日常的に行っている人にとっては、自分の損得だけを注目しており、その反対側で大きな損を被っている人のことを気にしてはないのです。

もちろん、それが悪いわけではなく、為替売買の本質とはそのようなものであることを認識しましょう。

仮想通貨を含む為替変動がどのような動きをしており、その中で自分が利益を得るためにどうすればいいかを考えるのです。

実際には大半の人が利益を上げられずに損をしていると言われています。

重要なことは損を少なく、得を大きくすることでトータルとしての利益を上げることでしょう。

仮想通貨の決済

為替を決済するためには取引所で手続きをしなければなりません。

一般の通貨であれば銀行でも可能でしょう。

もちろん、その時に手数料を引かれることになりますし、為替レートによる損益が発生します。

仮想通貨も同じ原理に従います。

仮想であっても通貨と表現されていますから当然でしょう。

投資目的で為替通貨の売買をしている人がほとんどですから、一般に流通することはないと考えていいでしょう。

ただ、ビットコインなどの有名な仮想通貨は一部のコンビニなどで利用することができる時代となりました。

つまり、本物の通貨に限りなく近づいています。

仮想通貨には大きなリスクがあると考えている人が少なくありませんが、その状況は日々変化しています。

少しずつ安定化の方向へ進んでいるのです。

仮想通貨を急いで決済するのではなく、再利用を検討してもいいでしょう。

具体的な利用方法はインターネットの情報サイトをチェックしなければなりません。

重要なことは放置しておいてはいけないことです。

金融資産としての価値が急落する可能性と常に隣り合わせと言うことだけは否定できません。

それが不安だと感じるなら、最初から仮想通貨の売買をすべきではないでしょう。

現在はインターネットの普及によって、初心者でも投資ができる時代となりました。

そのことはいいことですが、そのことが簡単に利益を得られる時代になったと勘違いしてはいけません。

いつの時代でもリスクがなくなることはありません。

仮想通貨取引情報

一般の為替情報と同じように仮想通貨に関する取引情報をインターネットから入手することができます。

ここで重要なことは仮想通貨には国境がなく、世界中で同じ価値を持っていることです。

もちろん、実際に通貨として利用する場合には円に交換しなければなりません。

その際にはその時点での為替レートが適用されますし、手数料も発生します。

これらのことを総合的に考えて、投資としての利益を得られるかを判断しなければなりません。

仮想通貨が注目されているとしても、その情報は限定的です。

つまり、世界中の投資家が仮想通貨に関心を持っているわけではありません。

あなたは投資対象として、どのようなものをターゲットとしているでしょうか。

仮想通貨に投資をすることが悪いのではなく、対象品の性質を十分理解して、それに合った売買を行わなければなりません。

そのためには正確な情報源が必要です。

すべてはインターネット上にありますが、公式サイトだけではなく、個人的に掲載している情報サイトもありますから、それらを閲覧する時には注意しなければなりません。

多くの情報サイトがあることが注目を集めていると単純に判断することも危険でしょう。

仮想通貨のリスクそのものよりも情報源のリスクが高いケースもあります。

多くの情報が簡単に入手できるようになって便利なのですが、その情報の正しさを見極めることが難しい時代となりました。

投資家としての資質だけでは、確実な投資はできないのです。

Older posts

© 2018 BOX

Theme by Anders NorenUp ↑